「超スマート社会の実現に向けたデータサイエンティスト育成事業」に採択された

横浜市立大学 データサイエンス学部/データサイエンス推進センターが中心となって申請していた、

「Society5.0に対応した高度技術人材育成事業
未来価値創造人材育成プログラム(a
超スマート社会の実現に向けたデータサイエンティスト育成事業」が、2018年10月15日付で文部科学省より採択の通知が届きました。

この事業は、「産学官による実践的な教育ネットワークを構築し、文系理系を問わず様々な分野へデータサイエンスの応用展開を図り、それぞれの分野でデータから価値を創出し、ビジネス課題や社会課題に答えを出す人材(データサイエンティスト)を育成する大学を支援する。」ものです。詳しくは文科省のサイトをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *